S660 河口まなぶ インプレッション 動画

S660 一般道インプレッション動画(河口まなぶ)

 

河口まなぶさんがS660に一般道で乗ってインプレッションしている動画を紹介します。

 

 

S660で今日は都内の一般道をいろいろ走ってきましたけれども、例えば目黒川の周辺などは交差点の角を曲がるだけで気持ち良いという感情を受けましたし、首都高では思いのほか力があるなと感じてクルマの流れをリードすることができたりしました。

 

 

都心の比較的狭い道をS660で走っています。

 

このような所だと、S660のコンパクトなボディーサイズが活きてきます。

 

非常に横幅もコンパクトなので、周りに気を遣わずに運転することができますね。

 

S660の場合、こうした普通の道を走っている時にも楽しい感覚が得られるのがポイントです。

 

普段生活している街中をS660で走っていると、キビキビとした感じでゴーカートみたいですね。

 

周りに背が高い車が多いこともあって、S660のコンパクトさが非常に引き立つわけですけれども、例えばこの交差点もこんな風に曲がって行くのが非常に楽しいですね。

 

それがホンダS660の魅力のひとつだと思います。

 

 

高速道路の合流も全く問題ありませんね。

 

S660のエンジンはかなり力があるので、楽に合流することができます。

 

こういったシーンではエンジンの回転を使い切ることができるのが良いところですね。

 

段差の通過も良い感じですね。

 

サスペンションがよく動いて、しなやかな動きをつくり出してくれています。

 

その一方で、ハンドルを切った時には、スッと鼻先が反応してくれるこの切れ味の良さ、S660ではそれを堪能することができます。

 

 

他には谷中の細かい路地をS660で走りましたけど、そういった狭い道でもスッと入って行けるということを考えると、日常生活の中でいろんなシーンを楽しめるスポーツカーになっているなというふうに感じました。

 

S660で谷中の街中を走っていますけれども、こうした下町の細い道でもS660の場合は全然ヘッチャラですね。

 

普通の車が曲がるのが困難な場所でも、S660ならまったく幅を気にすることなく路地に入って行くことができます。

 

そして、オープンにして街の匂いを感じながらお散歩感覚でドライブできるのもS660ならではの魅力だと思います。

 

下町の雰囲気を感じ取りながら走るのは、何か良いですね。

 

なかなか無い、新鮮な体験ですし、こういうクルマだからこそできる体験なのかなという感じがします。

 

 

スポーツカーといってもいろんなクルマがありますが、その多くが性能を語るようなクルマがほとんどです。

 

S660の場合は、本当に生活の相棒として身近なシーンをスポーツカーと一緒に楽しむことができるというのが、凄く喜びに繋がっているんじゃないかなと思いました。

 

チョットしたシーンが気持ちに残るというか、例えば背中から聞こえて来るエンジンの音が、自分はミッドシップの特別なクルマに乗っていることを感じさせてくれます。

 

ふとした路地を曲がった時にS660との一体感を気持ち良く感じられたりします。

 

 

世の中にはいろいろなキャラクターのスポーツカーがあって、癒し系のクルマもあれば本当にカリカリのスーパースポーツもありますけれども、S660というのはそのどこにも属さない多彩な顔を持ったクルマだと思いますし、その2面性とか3面性みたいなものが魅力になっています。

 

そういう意味では、本当にユニークなホンダらしいプロダクトだなと感じました。

トップへ戻る