S660 動画 河口まなぶ

S660一般道試乗動画(河口まなぶ)

 

S660を動画の中で河口まなぶさんが一般道で試乗していますよ。

 

 

S660をビーナスラインで試乗しています。

 

美しい場所ですけど、雄大な景色の中で走るのにはやっぱりオープンカーは最高ですね。

 

本当に気持ち良いです。

 

オープンカーが一番輝いている瞬間、それを今味わっています。

 

まず何と言っても、一体感。

 

これがキビキビとした場所じゃなくても一体感が得られますから、非常に気持ち良くドライブを楽しむことができる、これがひとつあるかなと思います。

 

 

それにしてもやっぱり、エンジンに思いの外、力がありますね。

 

例えば今、4速で走っていますけど、4速でずっと走れるだけの力を持っています。

 

なので、比較的緩やかなカーブが続く峠道、こういった所だとS660が持っているゆとりみたいなものを結構味わえるなと思います。

 

それはエンジンの力はもちろんですけれども、思いの外、ゆとりのある乗り心地、これを感じることができます。

 

 

メルヘン街道・麦草峠をS660で試乗しています。

 

かなりタイトなワインディングが続く所なのですが、こういった場所こそホンダS660の実力が発揮できて、思う存分に楽しめる場所なんじゃないかなと思います。

 

いいですね。

 

シフトダウンしてピターッとカーブに沿って鼻先が入って、そしてリアが踏ん張る。

 

この楽しさ、気持ち良さですね。

 

その一連の動き、身のこなしがですね、本当に気持ち良くて、僕の操作している感覚とクルマの動きが正に一体になっているなという感覚ですね。

 

そして適度なパワー感によって気持ち良く走れているということも、忘れてはならない部分だと思います。

 

これがパワーが増してくるとやはり、クルマのキャラクターも変わってくるでしょうし、この身近な感覚、手の内にあるような感覚が変わって来るんじゃないかなと感じます。

 

 

それともう一つ良いところは、ハンドル、シフトレバー、アクセル、ブレーキ、クラッチ、この操作系の重さが統一されているということですね。

 

重さがちゃんとコーディネートされているので、操作してときに違和感がまったくなく、本当に身体に馴染む感覚を受けるというのもひとつポイントだと思います。

 

 

実は僕もこのホンダS660をオーダーしました。

 

なぜこのS660を選んだのかというところですが、最近のスポーツカーは性能が良くなり過ぎていて、クルマとしては魅力的ですが、いざ自分の物としたときに肩に力が入っている部分が多いかなというところがあるんですね。

 

そう考えると、このホンダS660のサイズでフレンドリーな感覚は普段も肩の力を抜いて身近に付きあえるスポーツカーになるなと感じたのでオーダーをしました。

 

 

世界を代表するスーパースポーツから日本のスポーツカーまで、非常に様々なスポーツカーに乗ってきましたが、そんな中にあってホンダS660、小さなクルマの楽しさ、気持ち良さ、これはなかなかパワーを持ってきても解決できないような魅力があるわけですね。

 

それが凄く感じた部分ですが、それに加えてこれほど小さなスポーツカーでありながらハンドリングが非常に優れている、これは世界的に見ても他に例がないクルマじゃないかなと感じました。

トップへ戻る