S660 モデューロ 土屋圭一 動画

S660モデューロ インプレッション動画(土屋圭一)

 

ホンダS660モデューロ土屋圭一さんと山本尚樹さんによるインプレッション動画を紹介します。

 

 

モデューロスポーツ開発責任者の土屋圭一です。

 

モデューロ開発ドライバーの山本尚樹です。

 

僕らがS660のモデューロの開発したのは、開発の皆さんとやったのは、【モデューロらしさを忘れない】

 

モデューロのコンセプトとして、シビックタイプRが世界中の皆さんに愛されて、新車装着率が二桁までいった!

 

そこを我々は忘れちゃいけないね。

 

だから、【スポーツサスペンション=硬い】というのは排除しよう。

 

その中で、ロールも抑えながらしなやかさがあって、バンプの吸収をするという、凄い難しいものに挑戦して来ました。

 

 

やっぱり、ホンダはこうでないと!

 

スポーツカーですよね。

 

S660でホンダらしさが戻って来たね。

 

さらに磨きをかけるのが、モデューロです。

 

この組合せがたまらないですよね。

 

S660モデューロのスポーツサスペンションは硬いだけじゃないんだよ。

 

しなやかさ、しっとり感、その中にしっかり踏ん張るサスペンション。奥深い!

 

今みたいに、回り込んだターンインのところで、フロント1輪アウト側だけで仕事するんではなくて、そっから四つのタイヤに重量を配分していく、そういうところを心がけていますよ。

 

攻めて、フロントは凄く入るんですけど、それに対してサスペンションが硬いクルマだど、それでリヤが付いて来なくて、後ろが滑ったりしますけど、S660のモデューロはちゃんと四輪でぺたーっと接地感がありますし、四輪で曲がっている感がすごくあります。

 

これをS660モデューロは狙っているんですよ。

 

凄く乗りやすいですよ。

 

僕も開発に携わらせてもらったのはそんなに多くはないんですけれども、こうやってモデューロさんとお仕事させていただいて、こんなに一個もホイールを造るのにこれだけの時間と手間と本数をやっているんだなと、ビックリしましたね。

 

我々がどれだけの歳月をかけて開発したと思っているの?

 

かなり拘りましたし、その中でも特に拘ったと思うのが、ホイール!

 

いろんなホイールテストをしたね。

 

なかなか他のメーカーだったりアフターパーツを開発しているところでは、やらないでしょうね。

 

やらないね。こんなに種類を、デザイン変えて、種類を変えて、剛性変えて、テストやってここまで仕上げるホイールはなかなかない。

 

 

ブレーキも凄く良いですよね。

 

穴あきのローター、そしてブレーキパッドまで、リニアに踏力によって自己満足できる、ドライバーがね。

 

いいなぁ、この踏みしろっていうね。

 

操っている感がすごくありますよね。運転手がこのS660を操っているなというのは、すごくあります。

 

フルブレーキングにしても、パッドと穴あきのローターが効いているよね。

 

やっぱりサーキットを走っても十分耐えられる?

 

そう。

 

かといって、効きすぎるわけでもないですよね。

 

結構、扱いやすいブレーキ。

 

解りやすいんだよね、このブレーキ。安心感が高いし。

 

クルマに慣れてない方って、街乗りで効きすぎるブレーキだとちょっとビックリしちゃって、そこで恐怖感を感じると思うんですよね。

 

踏んだら踏んだだけ利くっていう、安心感が高い。

 

 

山本が高速域のテストで、一番苦労したのは何?

 

一番拘ったのはリアのアクティブスポイラーですね。

 

あれは、見た目もカッコイイですし、70km/hから自動的に上がるようになっていますけど、高速域でのリアのダウンフォースだったりとか、フロントのバランスに対してリアの揚力を抑えるというシステムになっているんですけど、すごく前後バランスが取れていて、4輪にしっかり仕事をさせられるという意味になるのかなと思います。

 

アクティブスポイラー、良いね♪

 

低速からも効きは感じますけど、特に高速コーナーに入っていくと、ダウンフォースは効いている感じがしますね。

 

70キロから効いてくる!

 

カッコつけたい人は、手動でずっと上げておけばいい。

 

見た目も重要ですからね。

 

良いね、後ろが今、グッと来る、収まりが良いね。

 

 

印象に残っているのが、土屋さんがテストでまだ試作段階だったんですけど、バンパー、グリルとかを見て、もう少しこうした方が良いねって言われたのをちゃんと開発陣の方が聞いて、それをまたつなげていった。

 

バンパーの下の形状なんかもそうなんだけど、やっぱね、クルマはカッコ良くなければダメよ。

 

見た目の重要ですよね。

 

ホントにさぁ、軽だろって言わせるなよ、っていうのが根本にあるね、モデューロスポーツには。

 

カッコ良くて、空力はちゃんと出すというね。

 

そこがS660の良いところじゃない?

 

デザインに関してもそうだし、機能にしてもそうだけど、妥協しないとことがモデューロらしいところだと思います。

 

 

最高ですね。

 

しっとり感がまたいいんだよ。

 

隣に乗っていますけど、スポーツ=ゴツゴツした、突き上げとかをイメージしがちなんですけど、これスポーツカー?みたいな、しっとりしています。

 

こういう脚を造るのには時間がかかるわけよ。

 

本当にこのS660にも長い時間をかけたね。

 

サーキット走行から、鷹栖の全開のワインディングから、こういう一般のストリートまで、しっとり感とスポーツ感の両立した、すごく難しいサスペンションを造るんだけど、そこがやっぱりモデューロの良いところよ。

 

エアロもそうだし、過激すぎず、上品に、ちゃんとしっかり空力も考えたエアロパーツ。だからモデューロは良いんですよ。

 

常にモデューロが心がけているのは、助手席の人に不快な思いをさせない、その中でドライバビリティーを高いものにして、運転手がサーキットを走っても一般の道を走っても不快にならない。

 

尚且つ、ずっと乗っていたいなというクルマを目指しましたよね。

 

正にその通りですよね。

 

S660モデューロは、ずーっと乗っていたくなるようなクルマになりましたね。

 

 

⇒動画はこちら

トップへ戻る