S660 CVT 試乗 動画 河口まなぶ

S660 CVT公道試乗動画(河口まなぶ)

 

ホンダS660CVT)に河口まなぶさんが試乗している動画を紹介します。

 

 

人気のホンダS660、話題もひと段落したかなという感じですが、僕(河口まなぶ)もこれを買いました。

 

全く同じ色で、全く同じグレード、そしてCVTなんですけれども、僕というよりカミさんが欲しいと言ったので買ったんですけれども、それはさておき、改めてホンダS660をインプレッションしてみたいと思います。

 

 

今回、試乗しているのは、S660のトランスミッションがCVTですね。

 

CVTのα。

 

αは装備が充実したモデルなので、インタリアがシルバーのパーツが結構入っていて、良い感じになっているのと、シートがアルカンターラのセンターをもったシートになっていると。

 

S660はどっちか選べるんであれば、僕はやっぱり絶対MTがお奨めなんですね。

 

マニュアルトランスミッションで楽しく走るというのがお奨めです。

 

マニュアルトランスミッションのフィーリングも良いですし、エンジンも決して速くはないですけれども、気持ち良い感じがある。

 

それを味わうにはマニュアルだと思うんですけれども、今乗っているCVTでも全然走りを楽しめないことはなくて、その辺りがこのクルマのパワーとか速さに頼らない証でもあるのかなと、いうふうに感じます。

 

それと、S660、皆さんが気にしているのは解放感だと思うんですけれども、要はこの後ろにですね、ウインドーとロールバーが付いているので、これで解放感が少ないんじゃないの?と思っている方が結構いると思うんですけれども、実際には屋根を外して乗ってみると、このフロントのAピラーからウインドスクリーンは大分前にあるですね。

 

なので、かなり解放感は高いです。

 

所謂クラッシックなオープンカーの位置関係にある、ウインドスクリーンと人間の関係が非常に離れている。

 

これが最近のメタルトップのクルマだと、Aピラーが寝ているので、ウインドスクリーンが目の前にあって閉塞感が出るんですけれども、それと比べるとかなり解放感があるので、まず、オープンエアーの気持ち良さという点において、心配いらないんじゃないかなというふうに感じます。

 

 

さあ、ちょっとペースを上げて走ってみます。

 

背中から聞こえるVTECじゃなくて、背中から聞こえるアクティの音ですけれども、まぁ、なんか雰囲気がありますよね。

 

僕は昔、ホンダビートというクルマに乗っていて、一番好きだったのは屋根を開けて乗ると、背中からアクティのエンジン音が聞こえて来たわけですけれども、それども何か違う感覚があると思っていましたし、ミッドシップのクルマなんだなと満足感があったわけですけれども、今回のホンダS660もその辺りがしっかり感じられるものになっていますし、この後ろのウインドウ、真ん中が開くんですね。

 

今、開けたんですけれども、開けるとエンジン音がさらに入ってくるので、より気持ち良いといった感覚を得ることができると言うことですね。

 

ただ、助手席に人が乗っていて開けたらですね、チョットうるさいんだけど!と言われると思います。

 

その辺りは洒落な感じなので良いと思います。

 

 

ホンダS660、サーキット、そしてワインディングで走らせると、実はかなりの実力があるんですね。

 

おそらくワインディングだと、相当速い部類に入ると思います。

 

なんで速いかというと、エンジンは遅いんですけれども、コーナーリングスピードがメチャメチャ速いんですね。

 

例えばサーキットを走っても、相当高いコーナーリングスピードでも破綻せずにコーナーリングしていきます。

 

思った以上の速さで走ることができる。

 

しかも、タイヤが限界を超えて滑り出しても、その辺りのドライバーに伝えるインフォメーションが明確なので、本当にコントローラブル。

 

そういった利点があります。

 

ワインディングやサーキットで走ると、本当にスポーツカーだなというふうに感じるわけです。

 

 

ですが、その一方で今のような普通に道、一般道、街中、そういったところを走ると、どこかほんわかした部分が出てくるのがポイントで、この二面性みたいなものがS660の魅力になっているんじゃないかなというふうにも感じますし、ほんわかした部分が逆に面白くないかというと、全然違っていて、このほんわかした軽自動車らしいままオープンエアモータリングができるので、それこそコンビニなんかに買い物に行くのもその道すがらが楽しかったり、なんとなく気持ちが良い、そんなふうに生活を彩ってくれたり豊かにしてくれるような実力があるというのがポイントだと思うんですね。

 

多くの人の場合、サーキットやワインディングに行けないわけで、多くの場合、街中を乗ると思うんですけれども、そういったところでちゃんと楽しめるスポーツカーになっているというところが、ホンダS660の最大の魅力だというふうに感じます。

トップへ戻る