S660 サーキット 試乗 動画 竹岡圭 瀬在仁志

S660サーキット試乗動画(竹岡圭、瀬在仁志)

 

ホンダS660を竹岡圭さんと瀬在仁志さんがサーキットで試乗している動画を紹介します。

 

 

袖ヶ浦のフォレストウェーに来ています。

 

サーキットは気持ち良いです。結構、スピード出るからね。

 

ホンダS660のプロトタイプに乗りに来ました。

 

こういった軽のスポーツカーはどうですか、瀬在さん?

 

正直言って、軽自動車にあまり興味がなかったのですが、今回だけは特別ワクワクしてここに来ちゃいましたね。

 

レーサーの瀬在仁志がS660にどのような評価を下すのか、こうご期待です。

 

 

S660の概要をお伝えします。

 

まずはデザインをご覧いただきたいのですが、前回の東京モーターショーにコンセプトモデルが出ていましたよね。

 

そのときは、後ろの張り出しがもうちょっと大きかったと思います。

 

それを軽自動車の枠に入れたらどうなっちゃうのかな?と私も心配していた一人だったのですが、リアの張り出しを上手く残しながら、軽自動車枠に収めてきましたね。

 

なので、しっかりとスポーツカーをしている、そういったスタイリングになっていると思います。

 

 

そして、皆さんが気になっているのが、ルーフですよね。オープンカーですから。

 

その操作をお見せしましょう。

 

では、屋根を外してみたいと思います。

 

カチャン、クルクル。カチャン、クルクル。

 

そして、このルーフをフロントのトランクへ仕舞います。

 

スッポリ、ここへ入ります。

 

もちろん、このボックスは、屋根を閉じている間は小物入れとして使えます。

 

 

屋根を開けると、こんな感じです。

 

そんなに印象変わらないじゃん、と言われるかもしれませんが、実際に乗ると解放感はかなり違います。

 

 

いよいよ、S660でサーキットを試乗しているわけなんですけれども、もうね、感動!

 

凄く、安定感が高いですね。

 

いきなり、踏んで行けちゃう。

 

そういった安心感があるんですよ。

 

これは、スポーツカーにとっては大切なことで、やっぱり、体を預けて速い速度で走るわけですから、安心できなかったら踏めないんですよね。

 

まず、オープンなのに、こんなにボディーがしっかりしているんだというね、ガッチリ感が伝わってきますし、これだけ踏んだらこれだけ走ってこれだけ止まるだろうな、というのがドライバーにちゃんと伝わってくるんですよ。

 

これが良いですよね。

 

ハンドリングの正確性、これを見てください。

 

想定通り、シャーって行くんですよね。

 

こんなにいきなり乗ったクルマでこれだけのハイスピードで、想定通り狙って行くぜみたいなところで、例えばコーナーのクリッピングポイントも攻められちゃう。
やっぱり凄いですよね。

 

スポーツカーには必要な性能なんですけれども、これがきちんと出ていて、タイヤがどこにあるのか判るし、どうやって運転すれば良いのか判るし、待っていれば気持ち良く曲がっていくしね。

 

ミッドシップのレイアウトの良さと相まって、これは本物のスポーツカーだ。

 

 

CVTなので、パドルを使って行きましょう♪

 

これは、びっくりするほど乗りやすい。

 

こういうクルマがあって欲しかったよね。

 

まず、ボディーがしっかりしてて、無茶してもコーナーリングラインが自分の行きたいところへスイスイ行けるし、それでいながら粘り強さもある。

 

もちろん、ボディーは軽いから、多少無理してもラインが大きくずれることはないし、コーナーに旋回しながら入って行っても、頭が軽いのでインにスッと寄れるんだよね。

 

これは乗りやすい。そして、速い。気持ち良い。

 

登りでは、やっぱり軽自動車って感じがするかもしれないけど、その登りの加速を除けば、旋回中ずーっと踏んで行けるし、レスポンスも良いから、これは速さだけで言ったら、軽じゃない!

 

これは、普通車顔負け。

 

S660はスポーツカーとして胸を張れるな。これならな。素晴らしい!

 

兎に角、限界付近で扱いやすいんだわ。お見事!

 

これは、早くマニュアルに乗りたい。

 

 

やっぱりマニュアルの方が吹け上がりが良いし、気持ち良く速度が乗って行ってくれる。

 

3速、4速で走ってるんだけど、スピードの伸びが良いわ。

 

しかも、回頭性の良さもそのまま活かされているしね、2速に一回落として、だけど3,4速で走っている方が良いなあ。

 

やっぱり、ギヤが相当クロスしているんだな。

 

欲しいパワーをスパッともらっている感じで、これなら一体感ある走りが楽しめる!

 

パワーもフルに引き出していけるし、シャシー性能の高さは言うに及ばずだけれども、非常にバランスが良い!

 

Gを残してっても、姿勢が乱れないんだよね。

 

トラクションもきっちりかかっているから、失速感も少ない。

 

良い走りだ!びっくりした。

 

S660は軽とは思えないね。

 

 

S660のマニュアルに乗りましたけれども、やっぱり走りは凄く軽快。

 

よりパフォーマンスが明確に表れていて、とても気持ちの良い走り、楽しめました。

 

結構攻めたけどね、クルマへの負担も少なくて、シャシー性能の高さ、エンジン、ミッション、凄いタフ。

 

一体感ある走りを楽しめて、これはもうね軽を超えましたね。

 

立派なミッドシップスポーツカーです!

 

 

S660の試乗を堪能しましたけれども、いかがでしたか、瀬在さん?

 

ビックリした。何しろ、良く走る。シャシー性能がスゴイ。軽自動車じゃないね。

 

そうですよね。私も、S660とビートは違うよと言われてるんだけど、私はビート乗りだったので、それの未来形が現実の物になった気がします。

 

S660を総括して一言お願いします。

 

気に入った!それだけだね。

 

じゃあ、ハンコお願いします。

 

よろしくお願いします。

関連ページ

一般道インプレッション動画(河口まなぶ)
S660に河口まなぶさんが乗って一般道でのインプレッションしている動画です。河口まなぶさんらしいS660に対するコメントがこちらの動画で見られます。
一般道試乗動画(河口まなぶ)
S660を一般道で河口まなぶさんが試乗している動画です。この動画では、一般道でS660を河口まなぶさんが試乗しています。
ワインディング試乗動画(山田弘樹)
S660でワインディングでの試乗動画です。山田弘樹さんがS660をワインディングで試乗している動画ですよ。
ワインディング試乗動画(竹岡圭)
ホンダS660を竹岡圭さんがワインディングで試乗している動画です。S660はワインディングがとても楽しいと分かる試乗動画です。
ソフトトップの脱着は女性でも簡単【動画】
ホンダS660のソフトトップの脱着は女性でも簡単にできますよ。実際に女性がS660のソフトトップの脱着をしている動画です。
モデューロ インプレッション動画(土屋圭一)
ホンダS660のモデューロの開発責任者である土屋圭一さんによるS660モデューロのインプレッション動画です。
CVT公道試乗動画(河口まなぶ)
S660のCVTに河口まなぶさんが公道で試乗している動画です。S660はCVTでもとても楽しいというのがよく分かる試乗動画となっています。
公道試乗動画(河口まなぶ)
S660の公道での試乗動画です。ホンダS660を河口まなぶさんが公道で試乗している動画です。
ドリフト動画(ピストン西沢)
S660はドリフトもできますよ。ピストン西沢さんがジムカーナ場でS660をドリフトさせている動画です。
26歳のLPL(開発責任者)へのインタビュー動画
S660の開発責任者(LPL)は26歳です。そのS660の開発責任者へのインタビュー動画です。
サウンド・オブ・ホンダの動画
サウンド・オブ・ホンダ Ver.S660の動画を紹介していますよ♪S660のエンジン音がF1やNSXやシビックタイプRに変わってしまうアプリの動画です。
試乗動画(ワインディング カートップ)
ホンダS660のカートップの試乗動画です。S660をワインディングで試乗している動画です。
乗り方説明書(ノリセツ)動画
S660の乗り方説明書(ノリセツ)です。危険ですので、決してマネしないでください。S660のノリセツ(乗り方の説明書)です(笑)
試乗動画が楽しい♪(国沢光宏)
S660の試乗動画が公開されています。国沢光宏さんがS660に試乗しています。辛口コメントもありますよ♪
プロドライバー試乗動画(武藤英紀&中嶋大祐)vol.1
S660のプロドライバー(武藤英紀選手&中嶋大祐選手)による試乗動画vol.1です。プロドライバーの試乗動画を見れば、S660がどのようなクルマなのかが判ります。
プロドライバー試乗動画(武藤英紀&中嶋大祐)vol.2
S660をプロのレーシングドライバー(武藤英紀さんと中嶋大祐さん)が鷹栖のテストコース試乗している動画です。この試乗動画でS660の楽しさを知ってください。
全開試乗動画(中谷明彦)
S660をサーキットで中谷明彦さんが全開試乗走行している動画です。この動画を見ればS660の速さが分かると思いますよ♪