S660 試乗 動画 ワインディング カートップ

S660試乗動画(ワインディング カートップ)

 

ホンダS660をワインディングで試乗している動画を紹介します。

 

 

S660の試乗で高知に来ています。

 

今、街中を乗ってきてワインディングに着いたんですけど、凄く街中でも気持ち良くて軽快感があって、トルクがあるエンジンは軽自動車という枠ではないような異次元の感覚があります。

 

 

S660を開発したLPLの椋本さんにお話しを伺いたいと思います。

 

S660は、日本の一般道をワインディングを含めて兎に角気持ち良く走ることをコンセプトに造って参りました。

 

エンジンも64馬力なんですが、104Nmと凄く力強いんですが、それが2500rpmから気持ち良くストレスなく走ることができます。

 

また、ハンドリングもですね、自分の思った通り曲がれるようにセッティングしておりますので、こういったワインディングも気持ち良く走ることができると思っています。

 

これからワインディングに試乗に行くのですが、どういうところがポイントになるでしょうか?

 

S660のキーワードは、痛快ハンドリングマシーンと言ってまして、スッと回頭性が良いところであったり、ロールフィールの良さ、あとは力強くガツンと立ち上がるような、そういった一連の流れを感じてもらいたいと思います。

 

街乗りでもワインディングでも同様の印象なんですけれども、660ccのターボエンジンは2000rpm付近の極低回転から太いトルクを発生するのが特徴です。

 

そのため、アクセルを踏み込めば加速体勢に入るのがとても優れたところだと思います。

 

軽自動車で初めて6速を採用したマニュアルミッション車に乗りました。

 

ギヤのシフトストロークシフトフィーリングなど全てが気持ち良く、ギヤ比も適切に振り分けられています。

 

ワインディングで乗った印象は、どんな速度域でも軽快感」を感じられました。

 

しっかりとしたトラクションとフロントの軽さが相まって、かなり高いコーナーリング性能を示していました。

 

どんなスチエーションでも破綻することがないのは安心感にもつながっています。

 

外観からすると、S660の運転席が狭いように思うかもしれませんが、意外にも余裕があってドライビングポジションに選択肢がありました。

 

ドライバーズシートに座ると、目線の低さを感じました。

 

その目線の低さがワインディングでは安心感につながっていると思います。

 

インテリアは小径のステアリングやダッシュボードのパネルを含めて質感の高さと心地良さを感じ取れました。

 

CVTもS660用に専用セッティングしたものを使っています。

 

7速に振り分けられた制御は十分にドライビングが楽しめるものです。

 

スポーツモードを選択すると、さらもドライビングの楽しさが倍増します。

 

CVTはステアリングに付いたパドルシフトで操作できるのも特徴です。

 

S660は今までの量産車とは異なり、工房に集まったエンジニアが造り上げたS660、最後まで妥協なく手を入れたのが随所から感じられました。

 

特に完成度の高さとまとまり感、各部のバランスが最高にマッチしています。

 

正に、コンセプト通り【痛快ハンドリングマシーン】と言えます。

 

 

⇒S660を値引きして購入したい方はこちら♪

 

トップへ戻る