S660 試乗動画 武藤英紀 中嶋大祐 プロ

S660プロドライバー試乗動画(武藤英紀&中嶋大祐)vol.2

 

プロのレーシングドライバー(武藤英紀選手&中嶋大祐選手)によるホンダS660試乗動画vol.2です。

 

鷹栖にあるホンダのテストコースでS660を二人が全開にしていますよ。

 

 

ホールド感というか、運転しててレーシングカー乗ってるみたいだよね。ペダルの配置とか。

 

座る位置がスゴイ低いですね。

 

そうだね。スゴイ低くて前に出ているので、レーシングカーみたいで。

 

エンジンの音も良いよね。

 

たまに、ターボのプシュ―って音が聞こえてくるんですけど、それも面白いです。

 

スゴイトルクがあるよね。下から綺麗に立ち上がって。坂道なんか、何の抵抗もなく登っちゃうもんね。

 

ここなんかも、トラクションがスゴイ良いから。

 

ガツンと加速しますよね。

 

コーナーに入って行ってハンドルを切ったときに、クルマがロールするんですけど、ロールする量とそこからクルマが曲がる力、その二つがスゴイバランスが取れてて軽快感を与えていると思います。

 

ひとつひとつの自分が起こすアクションにクルマがリニアに答えてくれているよね。

 

こういう所なんか、最高だよね。

 

楽しいですよね。

 

S660にはレブインジケーターの機能もあって、回転を上げていくとメーターの赤いリングが点滅するんですよ。

 

そしたら、シフトアップしてください、というような。

 

自分が運転しているときはあまり見れなかったんですけど、センターディスプレイに横Gや縦Gの絵だったり、アクセル開度とかが出てるんですけど、助手席から見てると結構面白いです。

 

運転している人だけじゃなくて、パッセンジャーの人も楽しめる。

 

S660はミッドシップならではの旋回性、乗ってても最高に気持ち良いね。

 

さっき乗ってて思ったのは、クルマを身にまとってるみたいな、エンジンを自分の背中に背負って、自分の意思で動いてるみたいな。

 

それが感じられて、楽しかったですね。

 

それは、やっぱりミッドシップじゃないとできないんでしょうね。

 

鼻先が軽くて、スッと入りますね。

 

ギャップの後も、クルマが地面に吸い付くようにピタッと止まっているんだよね。

 

これはCVTのS660、今日、初めて乗ったんですけど、楽ですね。

 

これも7速で切ってあるCVTだから、パドルもあるんですよね。

 

より、ハンドルとか、運転に集中できるんじゃない?

 

手を離さなくていいですからね。

 

ホント、曲がりながら変速できるのが、楽しいでしょ?

 

やみつきになりそう。

 

今日、鷹栖で初めてS660という新しいクルマを走らせたわけだけれども、兎に角楽しいの一言ですよね。

 

エンジンのパワーが制限させていることを考えると、64馬力、そのパワーでこんなに楽しいクルマが造れるんだという驚きですよね。

 

恐らく、ドライバーの真後ろにエンジンがあるので、重い物が自分の近くにあるんですよね。

 

それが操って楽しい、そういった部分につながっているんじゃないかと思いますね。

 

S660のようなクルマがどんどん増えてくれば、世の中自体が元気になってきますね。

 

そういう元気になるクルマを今回、ホンダが造ってくれた、そう感じます。

トップへ戻る