S660 動画 試乗 河口まなぶ ホンダ

S660公道試乗動画(河口まなぶ)

 

ホンダS660公道試乗動画を紹介します。

 

河口まなぶさんがS660を公道で試乗している動画です。

 

 

ホンダS660、遂に公道試乗。

 

高知の街中を走ってますけれども、これは良い。良いです。

 

街中での走りがどんなものなのかを気にしていたわけですね。

 

というのも、先日、マツダのロードスターを横浜の公道で試乗したんですけれども、滅茶苦茶良いクルマだったんですけれども、その分ですね、クルマが良すぎてライトウエイトな感じが若干薄いかなと、感じたわけですね。

 

ちょっとしっかりした感じがあったので、乗り比べるとS660はどんな感じかなというところが非常に気になっていたわけで、試乗会場を出て、今、500mくらいしか走っていないですけれども、抜群に良いです。

 

背伸びしていない感じがして良いですし、良い意味で軽自動車っぽいというか、良い意味で華奢な感じがあって、良い意味で線が細いところがあって、そこが素敵というか・・・。

 

どういうことかというと、最近のクルマは高性能になり過ぎていて、特にスポーツカーの場合は街中何かで乗ってもなかなか楽しさ・気持ち良さを得られない、そういう部分があるのも事実なので、果たしてこの辺りがどうなのかなと気にしていたわけですけれども、S660は30km/hで走らせても楽しいスポーツカーになっているというのが、まず、お伝えしたいところですね。

 

いわゆる、性能至上主義から脱却したことによるですね、新たな価値観みたいなものをみつけれることができたんじゃないかなと、僕は思います。

 

 

S660のLPLをしております椋本です。

 

椋本さんは一言でいうと、どんなクルマを造りたかったんですか?

 

一言でいうと、人とクルマが一体となるシンクロする感じです。

 

キーワードは痛快ハンドリングマシーンということでやってきたんですが、如何にクルマを気持ち良く操れるかというところに拘って開発してきました。

 

S660は、エキスパートの方だけが楽しめるのではなくて、ビギナーまで誰もがどこで乗っても楽しめるクルマに仕上げていますので、是非楽しんでいただければなと思っています。

 

ちなみに、LPLっていうのは給料も良くなるんですか?

 

私は世界一、腰と給料が低いLPLですので、給料は上がりません。

 

これ、言って良いのかな?

 

 

S660はワインディングで凄く楽しめますね。

 

使いきれる楽しさがあるなと感じます。

 

ハンドリングも素直で気持ち良いですね。

 

エンジンのパワーはそんなにあるわけじゃないですけれども、機敏に走りますし、コーナーを高い速度で抜けていくことができるので、結果的に決して遅くないスピードで走れてしまうというところなんですけれども、それはクルマの素性の良さが活きているんじゃないかなというふうに感じます。

 

S660に100馬力バージョンがあるんじゃないかとか、もう少しエンジンが大きいバージョンがあるというふうに言われていますけれども、それはそれで魅力あるクルマになると思いますが、僕としてはこちらの方が本質的だと思いますし、他の国のスポーツカーでは絶対にできない価値観みたいなものをもっているんじゃないかなというふうに思います。

トップへ戻る