S660 動画 全開 中谷明彦

S660全開試乗動画(中谷明彦)

 

ホンダS660の全開試乗動画を紹介します。

 

レーシングドライバー兼自動車評論家である中谷明彦さんがS660をサーキット(袖ヶ浦フォレストレースウェイ)で全開走行している動画です。

 

 

中谷さんの全開走行の前に、S660の開発責任者である椋本さんが登場します。

 

本田技術研究所の椋本です。

 

カートップ読者の皆さん、こんにちは。

 

S660は痛快ハンドリングマシンがコンセプトです。

 

サーキットはもちろん、日本の一般道をチョット曲がっただけでも誰もが笑顔になれる、そんなクルマになっております。

 

是非、楽しんでいただければなと思っております。

 

 

ここから、中谷さんの試乗です。

 

マニュアルの方が運転している感覚があります。

 

DSCは切れない。

 

トラクションコントロールは切れるけど。

 

131km/h。CVTだと126km/hだったから、マニュアルの方が速いよ。

 

さっきCVTに乗って、マニュアルのS660に乗り換えたんですけど、こちらの方が最高速が5km/hほど速い。

 

自分でギヤを選んで走れるのでクルマの挙動もいろいろ作れるし、DSCがOFFにできないのがあれですけど、スタビリティが高くてね。

 

逆にこの速さだったら、DSCが切れちゃったら危ないかもしれないくらい速いですね。

 

 

風切音で中谷さんが何を言っているのかは非常に分かりにくいですが、映像からS660の速さと安定した走りを見て取れますね。

 

ビートでは安全のためにきつめのアンダーセッティングになっていましたが、S660では電制によって危険な領域に入るのを防いでいるようです。

 

公道ではそのような電制は有効だと思いますが、サーキットで遊ぶときには完全OFFにできるようにしてもらいたいものですね。

トップへ戻る