S660のルーフを比較

S660のルーフを比較!コペン、ビートとの違いはこれだ!!

 

 

ルーフ形状

S660 タルガトップ
  S660,タルガトップ
コペン 電動ハードトップ
   
ビート 幌(手動)
   

S660のルーフは、タルガトップです。

キャンバストップ(布製)をクルクルと巻き取るような形状です。
巻き取ったキャンバストップは、フロントのトランクに収納が可能です。

 

このタルガトップは、車重を軽くするためにかなり貢献しています。
⇒S660の車重については、こちらをどうぞ♪

 

S660のタルガトップは、エリーゼのソフトトップに似たものになりそうです。

1分くらいでオープンになりますが、エリーゼのソフトトップは少し面倒な感じがしますね。
S660では、もっと簡単な構造になるように期待しましょう。
ホンダならスゴイ構造を考えてくれますよ!

 

コペンのルーフは、ご存じのように電動ハードトップです。

これは非常に便利です。
ここがS660とコペンを比較して最も違う部分です。

 

わずか20秒で、オープンになるのが嬉しいですよね。
この構造はとても良くできていますし、お金もかかっています。
S660はミッドシップなので、これはマネはできません。
車重的には、30〜50kg程度はこの電動ハードトップのおかげで重くなっています。

 

ビートは、手動の幌です。

ビートの幌は手動ですが、構造は簡単ですし、開閉のやり方も簡単です。
しかし、リアスクリーンに細かいキズがすぐに入ってしまって、曇ったように白くなって見えにくくなります。
また、雨漏りも酷いのが特徴です。

 

 

S660のタルガトップは、まずは軽量。
そして、取り外しが簡単。
さらに、雨漏りしない。

 

この3点をクリアするタルガトップになるように期待しておきましょう♪

 

 

 

関連ページ

ルーフ ロールトップの取り外し方【30秒チャレンジ】
S660のルーフであるロールトップの取り外し方は慣れるととても簡単です。ロールトップは30秒もあれば簡単に取り外すことができますよ。S660のルーフの動画も紹介しています。
ソフトトップが公開!(プロトタイプ)
S660プロトタイプのソフトトップが公開されています。S660はタルガトップのオープンですが、ルーフは布製のソフトトップです。
コペンとタイヤ・ホイールサイズで比較
S660のタイヤ・ホイールサイズをコペンと比較してみました。S660とコペンのタイヤとホイールのサイズを比較するとそれぞれの特徴が分かってきます。
コペンとビートと比較 インテリア対決
S660とコペンとビートをインテリアで比較してみました。インテリアは、S660、コペン、ビートがお好みですか?画像で比較しています。