S660の車重をコペンとビートで比較しました。

S660の車重についてコペンとビートで比較してみました。

 

S660車重は車名にちなんで、660kg!と言いたいところですが、残念ながらそんなに軽くはありません。

 

まだ、ホンダのカタログによると、830kg(6MT)です。
CVTは850kgです。

s660 

S660の車重をコペンビートと比較してみましょう。

 

S660

コペン

ビート

車重[kg]

830(6MT)

850(CVT)

850(5MT)

870(CVT)

760

 

なるべく車重を軽くするために、S660のルーフはコペンの様な電動ハードトップではありません。

 

S2000の様な電動ソフトトップでもありません。

 

キャンバストップのタルガトップになります。

 

S660,ソフトトップ 

 

布製のルーフを巻き寿司のように巻いて、フロントのトランクスペースに収納します。

エリーゼソフトトップ

 

エリーゼのソフトトップとよく似ていますね。

 

走りが最優先させる軽量オープンスポーツカーには、最適なルーフです。

 

 

 

 

コペンの電動ハードトップ

 

コペンは電動ハードトップなので、メカ的な重量増は当然ですね。
S660の20kg増しです。
でも、とても便利ですよ。

 

オープン走行時に雨が降り始めても、ボタン一つで20秒もあれば自動でハードトップを装着ができます。
これがS660と大きく違う点ですね。

 

CVTで比べてもコペンの方が20kg重いです。
S660よりも20kgも重いので加速勝負では厳しいです。

 

走りを優先するのか、お手軽にオープンを味わうのかは、あなた次第です。

 

 

ビート

ビートが760kgだった事を考えると、S660が830kgになって大人ひとり分車重が増えてしまいますが、衝突安全性や1998年からの軽自動車の新規格という事を考えますと、仕方ないのかもしれません。

 

その分、パワーとトルクで補ってもらいたいものです。

 

 

⇒S660のエンジンスペックについてはこちらです。

 

S660の車重は830kgなので決して軽くはありませんが、剛性が非常に高くて、S2000の静的剛性を上回っています。

 

 

⇒S660の値引きしてなるべく安く購入するためにする事

 

関連ページ

エンジンをコペンとビートで比較
S660のエンジンスペックをコペンとビートで比較してみました。エンジンのスペックをS660とコペンとビートで比較すれば、それぞれの性格が分かりますよ。
サイズをコペンとビートで比較
S660のボディーサイズをコペンとビートで比較しています。S660とコペンとビートのボディーサイズを比較して、それぞれに違いを見てみましょう♪